アタマジラミ 駆除

子供にアタマジラミを見つけたら大問題です!

 

「アタマジラミは夏にしか流行しない」と勘違いしている人が多いと聞いたことがありますが、冬場でも普通に感染するものです。

 

夏は園や小学校でプールの前に頭髪検査があったり、美容室に行く機会も多いので発見に至るチャンスが多いだけ。

 

実は、乾燥し始める秋から冬にかけて繁殖する事が多いようなのです。

 

一年中感染する可能性があるので、幼稚園や小学校に通っている子供がいるご家庭では、常にチェックすることを習慣づけたほうがいいと思います。

 

アタマジラミ02

 

では、どうやってアタマジラミの感染をチェックするのでしょうか?

 

子供の髪の毛をパッと見るだけではわからないと思います。

 

というのも、パッと見ただけではフケと勘違いしていまうからです。

 

知り合いの美容師さんに話を聞いたのですが、やはり一年中アタマジラミに感染しているお子さんが来ると言っていました。

 

殆どの親御さんは、感染している事に気付かなかったり、フケだと思っていたとおっしゃるそうです。

 

アタマジラミに感染している事を意識していないと、フケと勘違いしてしまったり、アタマジラミは発見しにくいという事がわかると思います。

 

中でも一番間違えやすいのが、フケみたいです。

 

アタマジラミとフケの見分け方

 

シラミ→卵が丸っぽい

フケ→大きさが色々で、形が統一していなし

シラミ→髪の毛にしがみつくように付着している

フケ→髪の毛にくっついているだけ

シラミ→取り除こうとしても簡単には取れない

フケ→払えば簡単に落ちる

シラミ→根本付近や髪の毛の表面にいる

フケ→地肌付近についている

 

このように、フケとシラミの違いがわかれば、意識しながら子供の髪の毛を見るだけでシラミなのかフケなのかが分かると思います。

 

しかし、あまり気にしすぎると、誇りやゴミが付いていただけで「もしかして!」と焦ってしまう事になりますよね。

 

気にしなさすぎは良くないですが、気にしすぎもストレスたまるので、チェックすることを習慣づけるようにするといいのかなと思います。

 

感染してしまったとしても、駆除すればいいのですから、焦らない事が大切ですね。

 

アタマジラミの卵は、後頭部の髪の毛の部分や耳の後ろについていることが多いようです。

 

卵が産まれているという事は、成虫も住みついていますよね。

 

感染が重症化しないように、早い段階で駆除することをお勧めします。

 

かなり感染していて、成虫がたくさんいる状態になると、おでこの生え際にびっしりといるそうです。

 

何よりも、お子さんがかゆがっていると思うので、頭を掻く仕草が多いようでしたら早急にチェックしてあげて下さい。

 

アタマジラミは頭皮の血を吸って生きているので、激しい痒みがあるそうですが、痒みがない場合もあるそうです。

 

痒みがあれば、子供の様子にも気づくチャンスがあると思うのですが、そうでない場合は発見が遅れてしまいますね。

 

やはり、髪の毛を洗う時や乾かす時についでにチェックすることを習慣づけるのが良さそうですね。

 

「発見したところで、アタマジラミをどうしたらいいのか?」

 

とアタマジラミに感染していると、どこが問題なのかを知らなければ、当然そう思ってしまいますよね。

 

アタマジラミに感染してしまうと、他の人にも移してしまうという事があります。

 

感染の発見が遅ければ、おそらく家族やお友達も感染している可能性が大です。

 

家族の場合、感染してしまった子供からタオルや寝具を経由してアタマジラミが飛び移ってくると思います。

 

子供だけが感染するのではなく、もちろん大人だって感染するんです。子供のと添い寝して寝ているママは移る可能性が高いですよね。

 

ただ、子供の方が感染する可能性が高いという事です。

 

小さい子供って、遊ぶ事に夢中になっているので、頭と頭が触れある機会が多いと思います。

 

アタマジラミ01

 

一緒に遊んでいなくても、近くでゲームをしてたり、お絵かきをしているときに、自然と距離が近くなり頭と頭がぶっついたりなんてこともあります。

 

それに、小さい子供は、園でお昼寝する事があると思いますが、その時にも感染する可能性はあります。

 

家の外で遊んでいる以上、感染する確率が0という事はないので、早期に発見するためにもご家庭でのチェックが欠かせないと思います。

 

もし自分の子どもがアタマジラミに感染してしまった場合、家族、お友達に移さないように、なるべく早めに駆除する必要があります。

 

そのうち自然にいなくなるだろうと放置してしまうと、あっという間にアタマジラミだらけになり、周りにも感染させてしまいます。

 

アタマジラミは不潔だから感染してしまうのではないのですが、細かい知識がなければアタマジラミ=不潔ととられてしまいます。

 

自分が気にしなくても、周りの子供やその親御さんが気にして、不潔ねとイジメの対象になる事も考えられます。

 

アタマジラミの感染の原因があの子だよと指をさされてしまう事だってあるかもしれません。

 

お子様の為にも、またまわりに感染を広めたりしないためにも、早めに駆除しましょう。

 

 

アタマジラミに感染したらすること

 

アタマジラミに感染してしまったら、もちろん皮膚科や小児科を受診して薬をもらう事も可能です。

 

でも、手軽にドラックストアや通販でも駆除剤を購入する事も出来ちゃいます。

 

どちらにしても、ご家庭で駆除をしていかなければいけないですよね。

 

一番手軽に駆除できるのが、シャンプータイプのものかなと思います。

 

アース製薬のシラミとりシャンプーはパッケージも使い方も分かりやすく、手に取りやすいのではないでしょうか。

 

フェノトリンというシラミへの有効成分が、成虫や幼虫を駆除してくれます。

 

使い方も簡単で、いつも通りシャンプーと変わりません。

 

頭を水またはぬるま湯で濡らし、1回分の適量を手に取り、毛の生え際にしっかりと行きわたるように全体にシャンプーします。

 

その後、5分程度放置してあとは洗い流すだけです。この時、目や耳などに入らないように、タオルを巻いて放置するようにした方が良さそうです。

 

1日1回を2日おきに3回~4回繰り返して使います。

 

泡立ちも良く、匂いフローラルの香りなので、お子さんも嫌がらずに使用できるのではないでしょうか。

 

こちらの商品には、アタマジラミ専用のコームが付いています。

 

髪の毛に付着しているアタマジラミの卵や、その抜け殻を取り除くようです。こちらの専用コームでシャンプー後に使用します。

 

専用コームを使用後は、55度以上のお湯に5分以上付けて、付着している卵を殺します。

 

アタマジラミがどこに潜んでいるのかわからないので、使ったものやタオルなどは消毒してしまいましょう。

 

キンチョーからもスミスリンLという、アタマジラミ駆除のシャンプーが販売されています。

 

先に紹介したものと、ほぼ同様の使い方です。

 

どちらもシャンプータイプなので、簡単に駆除できそうですよね。なので、病院へ行かなくても大丈夫だとは思います。

 

ただ、本当に駆除出来たのか心配な方は、皮膚科を受信して確認してもらったほうが安心かもしれませんね。

 

でも、上記2点のシャンプーで本当に完全な駆除ができるのでしょうか?

 

どちらのシャンプーも、アタマジラミの成虫や幼虫には効果があるのですが、卵には効果がありません。

 

なので、産み付けられた卵は、専用コームで駆除していかなければいけないのです。

 

最近のアタマジラミには効果がない場合もあり、生き残ってしまうアタマジラミもいると聞きました。

 

そしても、もっとも気になるのが、有効成分の”フェノトリン”です。

 

シラミの神経を麻痺させて殺虫する効果があり、ゴキブリやノミやダニの殺虫剤などにも含まれている成分です。

 

人に対しては安全性が高い殺虫成分とのことですが、自分の子供の髪の毛に殺虫剤シャンプーを使うのには、かなりの抵抗がありますよね。

 

副作用がない、安全性が高いと言われても、私だったら使いたくないなと思ってしまいます。

 

ましては、成人ではなく、子供の頭です。

 

アタマジラミ09

 

大人に比べたら、また頭皮も薄くて敏感なので心配ですよね。

 

兄弟に感染してしまい、まだ園にも通う前の小さい子供だとしたら、そんな小さな子に殺虫剤シャンプーを使う事なんて出来ないです。

 

最近の子どもは、虫よけだってナチュラル成分の物や、アロマオイルで虫よけをしたりしていますよね。

 

ママが成分などを気にして、体に悪いものは使わないという風潮が根付いてきていると思います。

 

私ももちろんそれには賛同します。

 

そこで、オールナチュラル成分で作られている、アタマジラミ駆除専用の”シラミンローション”をおススメしたいと思います。

 

ナトラム・ミューティカムという成分なのですが、こちらは塩化ナトリウムの一種なので全く人間の体に害がないというのです。

 

特殊に配合されている、ミネラルオイルもナチュラル成分なのでとっても安心です。

 

これなら、小さな子供に使っても問題ないですよね。ナチュラル成分なら、罪悪感なく子供の頭皮に使う事ができそうです。

 

シラミンローションは、先に紹介した2点と違いがあります。

 

ナトラム・ミューティカムの効果で、アタマジラミの成虫と卵を最短20分で脱水の状態にします。

 

アタマジラミ06

 

これで成虫はもう卵を産むことは出来なくなり、卵はパサパサになり孵化できない状態になります。

 

また、ミネラルオイルの効果で、成虫を包み込み呼吸できない状態にします。

 

アタマジラミ07

 

上記2点のシャンプーに比べて、こちらは卵までも駆除できるメリットがあります。

 

アタマジラミ08

 

頭皮にしがみついているアタマジラミの成虫や、毛根周辺のアタマジラミの卵は専用のコームだけでは駆除できないのです。

 

シャンプーと専用コームだけでは、アタマジラミの卵は駆除できず、いつまでも完全駆除できない状態になってしまうというわけです。

 

アタマジラミ05

 

シラミンローションは、ナチュラル成分なのに、成虫駆除と同時に卵も駆除できるのです。

 

頭皮に近い部分の駆除できないと思われていた部分にだって、効果があります。

 

使い方の違いですが、ローションなのでシャンプーのようには泡立ちません。

 

手に取り頭髪や地肌に擦り込み、20分間放置します。

 

その後、専用のシラミ駆除のコームで駆除したシラミや卵を取り除き、シャンプーで洗い流します。

 

放置時間が20分と長めなので、子供が絶えれるのかなと心配にはなりますが、頭にタオルを巻きテレビを観ていてらあっという間でしょうかね。

 

こちらも完全に駆除するために、1度の使用ではなく3日置きに2週間(5回ほど)使い続けると効果的なようです。

 

思ったよりも長く使うなと思われたと思いますが、シャンプーの場合よりも早い段階で殆どのアタマジラミは駆除できるようです。

 

 

専用コームを使っての駆除

 

頭髪に駆除剤を使いたくないという方には、アタマジラミ専用コームを使っての駆除をおすすめします。

 

簡単に手に入るのは、ニットピッカーという商品です。以前はニットフリーコームという名称だったようなので、こちらの名前で検索してもしっかりとヒットします。

 

ちなみに、ニットはシラミの卵という意味です。

 

このニットピッカーは、シラミの成虫や幼虫だけではなく、卵も取り除いてくれます。

 

Amazonや楽天などでも購入できるので、注文してすぐに届くところも嬉しいですよね。

 

シャンプーやローションとは違い、地道な作業にはなると思いますが、駆除剤を使わなくていいので安心はできると思います。

 

使い方ですが、ニットピッカーで髪の毛をとかしながら取り除いていく作業になります。

 

アタマジラミ03

 

下に落としたり、アタマジラミが飛び移る可能性もあるので、床には新聞紙を広い範囲に敷いたり、お風呂場で使うと良さそうです。

 

櫛と言っても、ステンレス製で目が細かいのでそのまま髪の毛をとかしただけでは、髪の毛が絡んだり、痛んだりするようです。

 

お勧めされたいる使い方は、髪の毛を濡らしたり、トリートメントを付けたりするのがいいそうです。

 

そうすることで、ニットフリーコームが通りやすくなるわけです。

 

また、毛の量が多かったり、くせ毛や天然パーパなどの場合は、非常にコームが通りにくくなるでしょう。

 

その場合も、上記のようにトリートメントを付けて、使う事で解決できます。

 

ニットピッカーで髪の毛をとかす度に、シラミの成虫や卵が取れます。

 

しかも、目で見てもう大丈夫だと思っていても、もう一度とかすとまた取れる取れるらしいですよ。

 

表面だけでなく、髪の毛の中の方にも、たくさん寄生するんでしょうね。

 

やはり、目視だけの作業では、アタマジラミを完全に駆除するのは不可能だと思いました。

 

このニットピッカーの嬉しいところは、アタマジラミの卵も取り除けるとう事です。

 

フェノトリンが配合された、アタマジラミ駆除のシャンプーでさえ、卵の駆除は出来ないというのに、ニットピッカーはとかすだけで取れるなんてすごいですいよね。

 

作業は毎日続け、1週間でほとんどなくなりますが、2週間ぐらい続けるとちらほらとまだ出てくるそうです。

 

毎日3週間くらいは続けると、完全駆除できる感じでしょうか。

 

皮膚に噛みついているアタマジラミは、コームだけでは駆除できないそうです。なので、完全に駆除が終わるまでに時間がかかってしまうのだと思います。

 

成虫のアタマジラミは1日に5個くらい卵を産み付けます。なので、1匹でも駆除できていなければ、また徐々に増えていく事になります。

 

うまくすべてのアタマジラミを駆除できてればいいのですが、見えないところに隠れていると、また増えてしまうので駆除には長い時間かかりそうですね。

 

それに比べるとはやり、ナチュラル成分のシラミローションが一番効果的かなと思ってしまいますね。

 

使用するのも毎日ではないし期間も2週間ほどです。

 

それに、こちらのローションも卵を駆除してくれるので、効果としては同様ですね。

 

アタマジラミ10

 

>>成虫・卵を同時に駆除できる天然薬用ローション”シラミン”の詳細

 

お得な3点セットが便利です

 

シラミローションに加えて、シラミンシャンプーを兼用して使う事をお勧めします。

 

このシラミンシャンプーは、シラミの死骸を洗い流してくれます。

 

また、シラミンローションで殺しきれなかった、瀕死の状態にあるシラミにとどめを刺してくれます。

 

シラミが嫌う成分が含まれているので、これ以上シラミを寄せ付けないようにします。

 

シラミンシャンプーを使う事で、二次感染の予防にもなります。

 

家族にシラミ感染した子供がいると、兄弟や両親にも感染したりします。一緒に寝ている母親や兄弟は、殆どの場合感染してしまうでしょう。

 

もし子供がアタマジラミに感染してしまい、まだほかの家族に感染していない状態だとしたら、シラミンシャンプーを使って予防できるという効果もあります。

 

配合されている成分は、ティーツリーとペパーミントオイルなので、もちろん天然成分。安心できますよね。

 

一度離れたシラミも、チャンスがあればまた頭髪に戻ってきてしまいます。

 

寝具や、タオルや衣類に着いたものが、逃げ戻ってきたりするのを防ぐために、シラミンシャンプーの兼用が必要かなと思います。

 

一番心配なのは、またアタマジラミに感染してしまう事です。

 

自分の家でのシラミの駆除が終わったとしても、学校や幼稚園に通っているお友達の駆除が終わっていない場合もあります。

 

そこからまた再感染しないように、当面の間はシラミンシャンプーで予防を続けるのもいいと思います。

 

天然成分のシャンプーですから、安心してお子さんにも使い続けられますよね。

 

ドクターズチョイスにも、シラミ専用のコームが販売されています。

 

使い方は、殆ど上記で紹介したニットピッカーと同様で、アタマジラミをほとんど駆除することが出来ます。

 

しかし、ドクターズチョイスのシラミ専用コームも頭皮にしがみついているアタマジラミは駆除できないので、シラミンローションとシャンプーを兼用して使う事がおススメされているわけです。

 

アタマジラミ11

 

念には念を入れ、シラミン専用櫛を使う事で、より一層確実な駆除ができると思います。

 

シラミローションだけでも、完全駆除できるそうですが、この3点を使いこなせば、アタマジラミ完全除去はスムーズにできると思います。

 

ローションとシャンプーで撃退したシラミを専用コームで取り除くという流れになります。

 

やはり人気の3点のようで、3点セットでお得に購入も可能です。3点セットですと、ピッタリ1万円で送料も無料になります。

 

後からその都度買い足すと、送料もかかるしお得にもなりません。

 

スピーディーに完全駆除を目指すためにも、3点セットをおすすめします。

 

アタマジラミは完全に駆除できていないと、また卵を産み付けられてしまい、再繁殖してしまう恐れがあります。

 

完璧に駆除して、シャンプーで予防して行きましょう。

 

アタマジラミ12
アタマジラミ13

 

>>成虫・卵を同時に駆除できる天然薬用ローション”シラミン”はこちら